スポンサーリンク

【ワンピース感想・考察】955話「閻魔」

マンガ感想
スポンサーリンク

「天羽々斬」と「閻魔」

おでん様がかって愛用していた2振りの刀を飛徹が持っていました。

・天をも切り落とす「天羽々斬」
・地獄の底まで切り伏せる「閻魔」

なんとなく刀が呼ばれている呼称からして伏線になっているようにも思えます。

・日本神話では「天羽々斬」はヤマタノオロチを斬った剣なので、天下に君臨している将軍オロチを切り落とすために。(モモの助)

・「閻魔」は鬼ヶ島にいる地獄の底にいる鬼っぽいカイドウを切り伏せるために。(ゾロ)

 

今回刀の位列は作られた時点で決まっているものではなく、変動することがわかりました。

とすると、黒刀になって位列が上がるのならゾロの刀の最終系はこんな感じになりそう。

【秋水(大業物)】→【閻魔(大業物)】→【「黒刀に成った」閻魔(最上大業物)】
【三代鬼徹(業物)】→【二代鬼徹(大業物)】→【初代鬼徹(最上大業物)】
【和道一文字(大業物)】→【「黒刀に成った」和道一文字(最上大業物)】

 

名工「霜月コウ三郎」

ゾロの持っていた「和道一文字」と「閻魔」を作ったのは、どちらも名工「霜月コウ三郎」だと判明。

50年以上前に出国したとのことですが、これは明らかにゾロの師匠である「コウシロウ(四郎)」と関係していそうです(コウシロウが公式で51歳とされているので親子かな?)。ゾロの故郷の「シモツキ村」という名前からして、50年以上前に出国した「霜月コウ三郎」を含む人たちが築いた村なのだろうと思われます。


ワノ国では「霜月」に関わる人がどんどん増えていますが、「霜月牛マル」のシルエットがゾロと似ている点から見ても、ゾロは「霜月」の血縁じゃないのかなと匂わせている気がします。

 

タイトルとURLをコピーしました