【ワンピース考察】「D」の意思と失われた王国

スポンサーリンク

ワンピースの世界は現在冒険している広大な世界だけでなく、千年に渡る歴史もあり、その中には「空白の100年」と呼ばれる時代があります。

この「空白の100年」に存在したと言われる「ある巨大な王国」

800年前、現在の「世界政府」が樹立。それ以前の100年間は「空白の100年」と呼ばれ、語られぬ歴史としてスッポリと抜け落ちていて、今ではその100年に何が起こったかを調べる事すら禁じられています。

恐らく「世界政府」と「ある巨大な王国」が戦争をして、今の世界政府(=天竜人)が勝利したと思われます。その結果、世界政府にとって都合が悪い事実を含んでいる100年を、歴史から抹消したと想像できます。

「頂点に立つ者が善悪を塗り替える!!!
 今この場所こそ中立だ!!!
 正義は勝つって!? そりゃあそうだろ
 勝者だけが
 正義だ!!!!」
ドンキホーテ・ドフラミンゴ

ドフラミンゴが語るように、今は「正義」を掲げる海軍ですが、勝者になることによって正義となった可能性があります。

もしかすると勝者になる前の世界政府は、海賊だった?

何を以って正義と呼ぶかは立場で変わりますが、「ある巨大な王国」には、正しいと思える思想があったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする