【ワンピース考察】「ワンピース」の正体

スポンサーリンク

ジャンプは今だにワンピース目当てで、毎週欠かさず読んでいます。

仲間を集めるため船出する1話を、小さな頃に始めて読んだ時、他の漫画には感じた事がなかったワクワク感を今でも覚えています。

ワンピースの魅力はなんといってもストーリーで、既に最終回までの大枠の話は考えているそうです。

伏線王の尾田っちは、細かいとこに小ネタを散りばめていて飽きさせません。

そんなワンピースの多くの伏線の謎を、妄想するのも楽しみの一つです!

最大の謎「ワンピース」の正体

「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ・・・
     探してみろよ この世のすべてをそこに置いてきた」

 海賊王ゴール・D・ロジャー

それは今まで旅してきた仲間だ!!(ドン)

みたいなオチはなく、尾田っちは物がある事を名言しています。

現時点のワンピースの世界は、レッドライン(赤い土の大陸)が世界を分断していて、それに交差する形でグランドライン(偉大なる航路)が世界を1周しています。

その為、世界の海は「東西南北で4つの海」に分断されています。

ワンピースは「1つなぎの大秘宝」と呼ばれるように、その4つの海を1つにつなぐ「統一した海」とするためのものではないかと言われています。

プルトンなどの古代兵器と同様の、古代の地殻を変動させる兵器がワンピースの可能性があります。

これならサンジの夢である、オールブルー(世界の全ての魚がいる海)とも繋がります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする