【ワンピース感想・考察】859話「四皇暗殺計画」

スポンサーリンク

なるほど完璧な作戦っスねーーーっ、不可能だという点に目 をつぶればよぉ~~

カポネが完璧な暗殺計画の話をしていますが、ワンピースで作戦を話してそのままうまくいったケースがないので、このまま進むことは間違いなくないですね(笑)。

プリンちゃんの思惑だったり、竜宮城の玉手箱(爆弾)など、未確定な要素が満載です。

そもそも覇王色の覇気に対して耳栓が効くかもあやしいし、どの辺が完璧なんだろうか。。

毒の兵器が3発もあるので、2発は外して1発はルフィがなんやかんやで命中させそう。

でも最終的に女性にやさしいサンジが情をかけて、レイジュが毒を抜いてビッグマムを助ける、なんて展開もあるかもしれません。

マザー・カルメル

暗殺計画ですが、その中でキーとなるのがビッグマム唯一の弱点「マザー・カルメル」という人物の名前が出てきました。

実際の人物で、「マザー・テレサ」がキリスト教の修道会であるカルメル会に所属していたので、ここから引用しているのかなと思われます。

ビッグマムの実際の親ではなく、育ててくれたかお世話になった恩人かなという印象です。

ジェルマ66の思惑

カポネからマムの計画を聞かされている描写はないのですが、コマの中にマム側に話が聞かれてしまうホーミーズのコップがあるので、あえて何も知らないフリをしている気がします。

特にイチジは他の兄弟と違って優秀な描かれ方をしているので、気づいていないとは考えにくいですね。

スポンサーリンク

プリンちゃんの思惑

プリンちゃんもニトロとラビヤンがいるので、本当は殺す気はなく何かを狙っているけど、あえてのこのセリフだと思います。

ゆううつになっているのは、子供のころからあやつり人形とされてきたマムに対しての、裏切る行為を行う迷いの感じがしますね。

それにしてもいろんな勢力の思惑があって、単純な主人公と敵との闘いになっていないところがいいですね。お茶会面白くなってきて楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする